アリサンタマツリスゲ(阿里山玉吊菅)

カヤツリグサ科 カンコノキ属
Carex arisanensis

山地林内に生える多年草。匍ふく枝は出さずゆるく束生する。有花茎は高さ30〜60cmで軟質でやや平滑。
葉は柔らかく幅7〜8mm、有花茎の半分位の長さ。基部の鞘はは淡褐色で無葉部は帯褐紫色。苞の葉身は葉状。
小穂は離れて付き頂小穂は雄性で線形、長さ4〜7mm、雌小穂に埋もれる。 側小穂は雌性で短柱形、長さ6〜10mm、長柄があり花は疎らにつく。雄鱗片は緑白色、鋭頭。 雌鱗片は緑白色で中肋は緑色、鋭頭。
果胞は鱗片より長く卵形、長さ5.5〜6.5mmで脈があり無毛〜微毛、 長嘴、口部は凹形。痩果は倒卵形、長さ3mm。柱頭は3岐する。 分布は沖縄本島、石垣島。

石垣島島 2014.3.22

石垣島島 2014.3.22

葉は柔らかく幅7〜8mm、有花茎の半分位の長さ。基部の鞘はは淡褐色で無葉部は帯褐紫色。苞の葉身は葉状。
石垣島島 2014.3.22

(左)果胞は鱗片より長く卵形、長さ5.5〜6.5mmで脈があり無毛〜微毛、 長嘴、口部は凹形。(右)痩果は倒卵形、長さ3mm。
石垣島島 2014.3.22


トップへ戻る



inserted by FC2 system