アラガタオオサンキライ

ユリ科 シオデ属
Smilax bracteata Presl var. verruculosa

低地の林縁でみられる常緑の蔓性植物。雌雄異株。サツマサンキライに似るが茎の表面は著しくざらつく。 葉は互生し、卵状長楕円形〜卵円形。雄花は散状花序に多数の花がつき、花被片は線状長楕円形。外花被片は橙赤で内花被片は黄色。 雌花の花被片は卵形長楕円形。

国頭村 2015.2.10(右:雄花)

国頭村 2015.1.11

国頭村 2015.1.11



枝にはしっかりとした刺が疎らに付いている


(左右)国頭村 2013.6.26


葉の大きさは径18cm程度。
国頭村 2017.1.24

トップへ戻る

inserted by FC2 system