アオバナハイノキ(青花灰木)

ハイノキ科 ハイノキ属 
Symplocos liukiuensis


産地の林内、林縁に生える常緑亜高木。高さは4〜8m。2年枝は紫褐色、1年枝は黄緑色で稜がある。
葉は互生し、倒卵状楕円形で革質、長さ4〜10cm、幅2〜4cm。先は尖り、鈍鋸歯縁、両面無毛。
花は葉腋から長さ4〜5cmの総状花序を出し、5〜14個の花を基部付近に着ける。萼筒は鐘形、長さ1.5mm、花冠は径1cm、淡紫色。 果実は狭卵状つぼ形で長さ7mm。
南西諸島以南の東南アジアに分布する。開花は1〜3月。別名をヤエヤマクロバイ。

名護市 2012.2.18

葉は中肋がやや凹み、辺縁は低い鋸歯。
名護市2012.2.18

花の色が白に近いもの。
国頭村 2008.2.3

名護市 2016.1.20

花字軸、萼片が紫色で美しい。
名護市 2016.1.20

国頭村の個体は高さ10mに近い。
国頭村 2016.2.14

林道を走るとこんな風景が見えます。青い色ですぐ分かります。
国頭村 2016.3.27

トップへ戻る


inserted by FC2 system