アミガサギリ(編笠桐)

トウダイグサ科 アミガサギリ属
Alchornea liukiuensis

海岸近くの石灰岩近くに見られる雌雄異株の高木又は低木。高さは2〜3m。
葉は心形〜卵形で赤くて長い葉柄があり、葉脈も赤い。洋紙質、長さ6〜15cmで先が尖る。 穂状花序は頂生し、雄花と雌花は花軸に沿って球状に集まる。室果は球形。同じ仲間にアカメガシワがある。

西表島 10.6.4

赤く細い花弁の花が雌花。白いのが雄花
西表島 10.6.4


石垣島 2013.2.16

石垣島 2013.2.16

トップへ戻る

inserted by FC2 system