アマシバ (甘柴)

ハイノキ科 ハイノキ属
Symplocos microcalyx

山裾や山地の谷川沿いに生える常緑の低木。高さは2〜4m位。葉は薄い革質で卵状披針形、辺縁は微鋸歯があり、先は鋭く尖ります。 葉腋につく穂状花序長さ2〜3cmで白い小花を多数つけます。果実は卵状つぼ形で緑熟する。
甘シバの名前は若葉を噛むと甘みがある事から付けられた。分布は奄美以南。開花は2〜3月。

国頭村 2013.3.17

東村 2009.3.8

東村 2009.3.8

葉は楕円形で先が尖り、縁には鋸歯がある。
国頭村 2011.11.23

国頭村 2011.11.23







国頭村 2016.3.12



トップへ戻る

inserted by FC2 system