アマミイナモリ(奄美稲森)

アカネ科 イナモリソウ属
Ophiorrhiza japonica var. amamiana


山地の湿った林下や渓谷の岩上に生える高さは10〜15cmの多年草。サツマイナモリの変種。
葉は対生し、卵形〜広卵状楕円形で長さは2〜4.5cm、先は鋭く尖り、縁はやや波うつ。花は茎頂に花序を作り、白い花を数個つける。 花冠は白色で鐘形で長さ1〜1.5cm、先は5裂し、花の周りには大きめの白い毛が目立つ。良く似たサツマイナモリは高さが20〜60cmと大きい。
分布は奄美大島、沖縄島。開花は1〜4月。

国頭村2009.2.8


国頭村2009.2.8


うるま市 2013.2.10



トップへ戻る

inserted by FC2 system