アマミヒトツバハギ(奄美一つ葉萩)

トウダイグサ科 ヒトツバハギ属
Securinega suffruticosa var.amamiensis

海岸の隆起石灰岩上に生える落葉性の低木。幹は多く分岐して高さ1〜2m位になる。小枝は帯緑色で無毛。 葉は互生で短柄があり、楕円形〜卵状楕円形で長さ4〜7cm、葉の先は丸い。雄花は葉腋に5〜10花、雌花は葉腋に1〜数個を束生する。 室果はやや球形で径4〜5mm、淡緑色。

雄花 恩納村 2010.6.27

雄花 2010.6.27






果実は緑色の球形で4mm位。

← 糸満市 2010.6.27 ↓恩納村 2010.6.27


トップへ戻る

inserted by FC2 system