アマクサシダ

イノモトソウ科 イノモトソウ属 
Pteris dispar



山麓に生える常緑性のシダ。根茎は短く斜上し、葉柄の基部と共に褐色で線形の全縁の鱗片を密につける。
葉柄、中軸は光沢のある赤褐色、葉身は2回羽状深裂で広披針形〜長楕円形。頂羽片は大きく25cmになる事がある。
側羽片は3〜6対あって、羽状深裂、後ろ側が前側よりやや幅広く、前側の裂片の一部が欠ける事がある。

2012.10.28



胞子嚢群は裂片の辺縁に沿って長く伸びる。
胞子嚢をつけない裂片の辺縁や頂端付近には鋭く小さい鋸歯がある。

2012.10.28


西表島 07.2.17  

07.2.17  

トップへ戻る

inserted by FC2 system inserted by FC2 system