アコウ(赤榕) 

クワ科 イチヂク属
Ficus subpisocarpa


海岸近くの主に石灰岩地に生える高さ10〜15mの常緑高木。幹から気根を出し、岩や崖に張り付く事が多い。 葉は単葉、互生、全縁で大きな楕円形で長さ8〜15cm、幅4〜8cm、先端は短く尖る。
分布は和歌山、山口、四国南部〜先島諸島、大東。果嚢の時期は通年。

今帰仁村の海岸地 2017.4.26





←果嚢は淡紅〜白色で球形、径1cm。太い枝や幹にも直接つく。


↓葉の先端は短く尖り、側脈は縁で曲がり上下の側脈と
結合する。太い側脈は6〜8対。

今帰仁村 2017.4.26


トップへ戻る

inserted by FC2 system