アキザキナギラン(秋咲梛蘭)
(オオナギラン)

ラン科 シュンラン属
Cymbidium lancifolium

石灰岩の山地林下に生える多年草。茎は直立して草丈30〜50cmになる。
数枚の葉は楕円形で革質で薄く、基部が急に尖り、葉縁に鋸歯はない。
偽球形から総状花序を出し、10〜20個の花をつける。花は萼片と花弁は淡い緑色で唇弁は白く赤紫の斑点がある。
分布は徳之島以南〜琉球列島。開花は12月〜2月。
当初アキザキナギランと言われていたが、比べて特に大形で、やや形態が異なるということで、オオナギランとされた。

初めて見た時の画像です。美しさに圧倒されました。2003.12.28

2005.1.9

2006.2.4



 

開花はたった2株でした。
2012.3.19

株の成長は見られますが
花は咲きませんでした。2013.4.6

久しぶりに蕾を確認
2013.12.9


2014.1.15

果実。
2017.12.24

トップへ戻る

inserted by FC2 system