アキノキリンソウ(秋の麒麟草)

キク科  アキノキリンソウ属
Solidago virga-aurea


日当たりの良い草地、丘等に生える多年草。草丈は高さ15〜70cm。
根生葉はふつう開花事には消失するが 長い柄があり、葉身は卵形〜長楕円形、縁は有毛、先に微突起のある鋸歯がある。上の葉は無柄で長楕円状披針形、表面に毛がある。
花は枝先に散房状または総状花序をつけ、黄色い頭花は径12〜15mm、頭花の柄は3〜6mm、苞は長さ1mm、 総苞は狭鐘形、総苞片は4列、外片は長さ1mmで鈍頭。舌状花は長さ6.5〜8mm。
痩果は円柱形、冠毛は長さ3.5mm。 分布は北海道〜九州、沖縄。開花は11〜12月。

国頭村 2006.12.30

うるま市 2017.12.8


(左)うるま市 2017.12.8   (右 海岸で)高さ3cm 国頭村 2015.4.4

トップへ戻る

inserted by FC2 system