アカザカズラ(ウンナンヒャクヤク)(雲南百薬)

ツルムラサキ科 アカザカズラ属
Boussingaultia baselloides Auth


南アメリカ原産のつる性の多年草。茎は赤みを帯びて他の物に絡まって長さ3〜6m位伸びる。
葉は卵形で長さ3〜10cm。葉の縁は波打ち表面は光沢がある。食用と栽培される事が多い。

宜野湾市 10.10.24

花は、細長く目立つ総状花序で多数の芳香のある小さな花をつけます
宜野湾市 10.10.24

葉の腋にできるムカゴや地下の塊茎で増殖します。
中国ではこの植物を「籐三七」とよびムカゴを薬用とし、滋養強壮、消腫、去痰に用いる。
宜野湾市 10.10.24
トップへ戻る



inserted by FC2 system