アカウキクサ

サンショウモ科 アカウキクサ属
Azolla imbricata


水田や池、沼地、溝などに水面を覆って広がる浮遊性の水性シダ。植物体は赤味を帯び、水面が赤く見える事もある。 植物体の全形は長さ1cm内外の三角形か、角がやや丸みを帯びる。
葉は鱗片状で密に互生し、無柄で上下に2裂する。 表面は緑紅色または鮮緑色で薄膜質、下面は淡緑色で長さ2〜3cmの多数の水生根を水中に垂れ、ひげ状になっている。
胞子嚢群は秋以降に成熟し、大胞子には多数の浮遊器官がある。

伊平屋島 2013.2.11

伊平屋島 2013.2.11

伊平屋島 2013.2.11

←下面に下垂する小根。 伊平屋島 2013.11.20

(右)西表島 2013.10.29

伊平屋島 2014.11.27

トップへ戻る





inserted by FC2 system