アカメイヌビワ(赤芽犬枇杷)
ハルランイヌビワ

クワ科 イチジク属
Ficus bengutensis


山地林内、林縁のやや湿り気のある所でみられる常緑の高木。幹は直立して高さは5〜20m。小枝は太くて荒毛がある。 葉は互生、3cm内外の葉柄があり、葉身は倒卵形〜倒卵状長楕円形。針葉が赤くなるのでこの名前がついた。 果実は卵球形で葉腋や幹に多数つき、橙赤色に熟する。
分布は奄美大島以南。

国頭村 2013.1.17







国頭村 2013.1.17

国頭村 2013.10.3


国頭村 2012.5.5


トップへ戻る

inserted by FC2 system