アカメガシワ 

トウダイグサ科 アカメガシワ属 
Mallotus japonicus

林縁や低地の道沿いでみられる落葉高木。高さは10〜15m。葉は互生し、倒楕円形で浅く3裂する、長さ10〜20cm、幅5〜15cm。 新葉は赤色、冬芽は裸芽で褐色の柔毛を布く。
花は雌雄異株で白色、長い柄をもつ円錐花序を枝先に束生する。
室果はやや球形、外面は軟らかい刺をもち、種子はやや球形で黒色。

伊平屋島 2014.4.26

赤い新葉が美しい。2007.3.18

雄花(左)、雌花(右)08.5.18

2006.5.4 雌花(左)雄花(右)
雌花(左)2013.5.27 (右) 2014.4.26

トップへ戻る

inserted by FC2 system