アカヒゲガヤ (赤髭茅) 

イネ科 アカヒゲガヤ属
Heteropogon contortus

日当たりの良い草地、路傍に生える多年生草本。束生し、稈は直立〜斜上し、高さ30〜100p、扁平で下方に葉を束生する。 葉は披針形、長さ7〜12cm、幅4mm以下、無毛。総状花序は単一で稈に頂生し、長さ3〜8cm(芒を除き)。 小穂は密に互生し、下方の2〜6個は雄性又は無性。上方の無柄小穂は雌性で円柱形、褐色で結節に赤色毛がある。 褐色の芒の上部は褐色で剛毛がありねじれて絡み合う事がある。
分布は沖縄県、九州の天草。花期は9〜11月。



沖縄島内 2017.10.10

沖縄島内 2017.10.10

沖縄島内 2017.10.10

沖縄島内 2017.10.10

トップへ戻る


inserted by FC2 system